【楽しみながら学ぶ】
珈琲豆の保存方法

おうちカフェ

「珈琲豆買ってみたけど
どうやって保存したらいいんだろう?」

今日はそんな悩みを
・難しい説明なく
・楽しみながら
・手っ取り早く

解決していきます。

この記事を読み終わった時には、
誰でも、
珈琲の適切な保存方法
原因が
分かります。

それでは早速
結論から

結論:適切な保存方法

美味しい状態で
珈琲を
保存するには、、、

  • 豆の状態で
  • キャニスターに入れて
  • 冷凍庫で保存

これだけです。
これを実践してもらうと
豆の本来の風味、香りを
最大限に引き出すための
保存ができます。

正直具体的な方法だけ知りたい!
という方、、、
ここで見終わっても結構です。


ですがもう少し知りたい!
という方に向け、

以下からは、
・豆or粉どっちの方がいいか
・保存容器はどんなものがいいか
・保存場所はどこがいいか

こんな疑問を
”楽しみながら”解決していきます。

疑問1:豆or粉?


珈琲を美味しく保つ最大のコツは
”酸化”を防ぐこと!
これだけ今すぐ
おぼえておいてください。


いきなりですがここでquestion!

酸化しにくいのはどっち?

➀表面積が小さい豆
②表面積が大きい粉

答え:➀
表面積が小さい豆

どうでしたか?
冷静に考えてみるとそうですよね。

表面積が小さい

空気に触れる面積が小さい

酸化が進みにくい

という考えです。
要するに
できる限り
空気に触れないように

保存することが重要なんです。

皆さんも保存する際は
豆のまま保存しましょう!

豆知識
美味しく飲める珈琲の期限

珈琲の状態美味しく飲める期限
30日程度
7日程度

粉にしただけで
これほど珈琲を美味しく飲める
期間が変わるんです。

目安として知っておくと
ワンランクアップ!

より美味しい珈琲に
出会えることでしょう!

保存容器は?

先ほど説明した通り、
珈琲豆の最大の敵は、”酸化!”

とすると
空気に触れないことが大事!

空気に触れないための物、、

それは、、、
キャニスター


こんなものです。
密閉性の高いため、
酸化が進みにくく、
珈琲豆が美味しい状態で保てます。



家庭によくあるもの
身近なものとしては、
こちら

ジップロック


これもいいですね。
しっかりと空気を遮断でき、
そして家庭にほぼ必ずある。

キャニスター買わずに
これでも代用できます。

保存場所は?

酸化を進める要素
それは、、、

  • 空気
  • 水分

これを知ってもらったうえで
これまたquestion!

珈琲豆を長持ちさせる
保存場所はどこでしょう?

➀暗くて暑い場所
②明るくて涼しい場所
③暗くて涼しい場所

正解は③
暗くて涼しい場所!

暗くて涼しい場所が
酸化を防ぐためには
適しており、
珈琲豆を美味しく保てる
最適な場所なんです。

家でいうと
それが
冷凍庫

※冷蔵庫でもいいですが、
より温度の低い
冷凍庫の方がベター


珈琲豆を美味しく保つためには
暗くて温度の低い
冷凍庫で保存しよう!

まとめ

➀②③の疑問を
解決していく中で

  • 豆の状態で
  • キャニスターに入れて
  • 冷凍庫で保存する

必要性を少し
分かったのでは
ないでしょうか?

何度も言っていますが、
珈琲豆は生鮮食品!
鮮度が命。

だからこそ

適切な保存方法を知り、
上手に保管して、
美味しい珈琲を
楽しみましょう!!


珈琲時間で
人生を豊かに!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました